最新レビュー/攻略法

ドラゴンズドグマオンラインの全体レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

doguma001.jpg

ドラゴンズドグマオンラインのレビュー&攻略は今回の全体レビューで終わりを迎える。

さて、全体的にプレイした感想を述べておくと、カプコンはアクションゲームが得意なのでそれを上手く使っているといえる。原作のドラゴンズドグマとほぼ同じ操作感覚。見やすいインターフェイス画面。ポーンの雇用など、MMORPGにおける標準は十分、満たした期待の大作といえる。では、評価に入る。評価は☆で行い、☆3つがMMORPGの標準、☆5つが満点である。

■ゲームの評価
1.物語 ☆☆☆☆
2.キャラ ☆☆☆☆
3.操作性やサウンド ☆☆☆☆
4.システム ☆☆☆☆
5.意外性 ☆☆☆☆
6初心者用 ☆☆☆
合計23点

以上。中々の高評価となった。では、個別に見ていく。

■物語

物語は白い竜に敵対する勢力と倒し、世界の平和を守ること。実に単純明快であるが、白い竜が生きていることで物型に深みが増している。なぜ、白い竜が世界を守り、世界はなぜ狙われているのか。覚者と選ばれた人々に白い竜を守り、世界の敵となるオーク共を倒す。王道ファンタジーRPGだが導入と演出がしっかりしているので引き込まれる。豪華声優陣によるキャラクターへの声付けもいい。

■キャラ

キャラについては筆者がFF14やドラクエ10もプレイしているので、どうしても評価はその二つキャラ性と比較してしまう。ドラゴンズドグマオンラインで残念ながら、FF14のララに適う可愛いキャラもいないし、ドラクエ10のプクリポのようなキャラもいない。

キャラクターについては西洋風ということだが、そこに好みが分かれるところ。洋ゲー好きならそれほど違和感がないのだが。日本人が好みそうなキャラではないといったところ。そこが満点しない理由の一つ。あくまでも日本人向けかどうかの視点である。

■操作性やサウンド

パソコンで操作するのは大変だと思うが、PS4のコントローラーなら操作性は悪くない。最初に覚えることが多いので、若干は戸惑うかもしれないが、慣れてくれば大丈夫だろう。アクションゲームで操作性が悪いとストレスが溜まる原因となる。もっとも、操作ではなくクエストが表示されるマップがわかりにくいなどという細かい指摘点はいくつかある。

サウンドについては悪くない。サントラも出すぐらいなのでカプコンは音楽にかなり気合いを入れている。ボス戦の音楽は迫力あって好みだ。

■システム

ドラゴンズドグマを2作出した成果もあって、実にシステムは元より完成されている。オンラインにそのまま移植しても大丈夫なほどだ。ただ、オンライン要素だけを見ればまだまだ改善点が多い。装備画面の見にくさ。装備を付けた効果のわかりにくさ。どれを装備出来るかよくわからない。そもそも、アイテムボックスがどこにあるのかさえ、初心者では探すことになる。クエストの報酬がアイテムボックスにあるのを知ったのはゲームを始めて数日後だった。細かいかもしれないが、快適性を求めるならなるべくわかりやすいインターフェイスが大事だ。システムを流用してきたので元々、原作でわかりにくいのがそのまま残っているとも。

戦闘システムにしがみつきを入れたのは正解だ。これによって他のMMORPGとの差別化が出来る。凶悪なボスほどしがみつこうとするとすぐに飛ばされてしまうが。色々な戦闘システムを見てきたが、本作はアタリ判定がわりとシビアに設定されている。ハンターで最初に狙い撃ちするのは難しいだろう。シビアな方がいいのか。カジュアルが良いかは意見が分かれるところだが、初心者向きとは言いがたい。

■意外性

本作はプレイ料金無料のアイテム課金制である。しかし、普通に課金しなくても楽しめる。強力な装備を造るには課金必須であるが、そもそも、初心者は作成してもレベル足りないので装備すらできない。なので、序盤に課金する要素はほとんどない。つまり、中盤までは難無く遊べる。これは意外だった。ポーンを雇うのにリアルマネーが要求されるかと思っていたぐらいだ。

後は報酬を出し渋っている感がある。序盤はもっと速くレベルを上げて、色々な場所を探険出来るようにした方が楽しめるだろう。毎回、似たようなクエストを繰り返すのは正直、煩わしい。後、装備品が高すぎて、装備がまともに揃えられない。これはどうにかして欲しい。

■初心者

最後に初心者用かどうかだが、残念ながら初心者向けとはそれほど言えない。普通に遊べないことはないので☆3であるが、オンラインゲームで遊んだことがあるプレイヤー向けといえる。ジョブの役割も、ポーンの役割もそうだし、アクション性が高いことで動きにも差が出てくる。上手い人は本当に上手い。プレイヤースキルの差が顕著になってくるので、こればっかりは練習がいる。でも、遊んでいればなんとかなる。

後は広大な世界観を楽しんだり、レベルを上げて未知なるエリアを探索したりしていけばいい。ポーンがいるので、一部のコンテンツ以外、ソロでも十分遊ぶことは可能だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目MMORPG

注目シミュレーション